屋根塗装の必要性

 

屋根塗装の必要性は、外観をきれいにすることではありません。

 

大切な家を長く守ることにあります。屋根は、太陽光や雨などに日々、さらされています。建物の一番外側にあるので、一番ダメージを受ける影響は強いです。劣化した屋根を塗装すれば、外的要因から家を守ることができます。

 

紫外線や水、湿気などから家を守ることができるので、屋根塗装は必要です。人間の皮膚がUVケアしないと、シミやシワができるのと同様、屋根も塗装しないと、劣化していきます。

 

紫外線や雨風などから住まいを守るには、屋根に定期的に塗装してやる必要があるのです。新築時からしばらくすると、屋根のあちこちに汚れや痛みが発生します。紫外線や雨風などの外的要因から住まいを守るために屋根塗装が必要なのは、屋根に塗料を塗ることで、塗膜という膜が形成されるからです。

 

塗膜は、紫外線や雨水などが直接、屋根材に当たらないよう防ぐ働きがあります。塗膜には当然寿命があり、長い間、紫外線などにさらされると劣化します。塗膜が劣化すると屋根にひびが入り、雨水が浸入する恐れがあります。そうなると結果的に建物にダメージを与えることになるので、塗装による定期的なメンテナンスが必要になるわけです。